パーフェクトオンリーワンを使う上で知っておきたいシミ・シワのメカニズム

シミやシワって、若い頃はほとんど無いし気にすることもあまりないと思います。
もし若い内に多少できていたとしても、若さゆえか「どうにかなる」「化粧品でごまかせる」と思いがち。
しかし、そのまま放置していると年齢を重ねるにつれ、やはりシミやシワは徐々に増えていき、無視できない存在となってきます。
そこから焦っても時既に遅く、シミやシワを改善しようとしても時間がかかったりなかなか思うような効果が出なくて後悔。。ということもあります。

しかし、そんな厄介な女性の敵であるシミやシワも実は何とかできます。
パーフェクトオンリーワンはそういったシミやシワにも効果的に作用し、改善することが認められています。

ではパーフェクトオンリーワンはなぜシミやシワに対して効果があるのでしょうか?
それを調べてみました!
 
パーフェクトオンリーワンの詳細はこちら
 

シミができる原因とは?

シミの種類

■日光黒子(にっこうこくし)
原因:紫外線
多くのシミがこのタイプです。日光性黒子、老人性色素斑とも言われます。
淡褐色~濃褐色の色素斑で、顔以外にも手、背、前腕、上背などの露出部に多く見られます。特に中年以降に増え、主に紫外線が原因とされています。
■雀卵斑(じゃくらんはん)
原因:遺伝
いわゆる”ソバカス”。直径数ミリ以下の丸い斑点のような顔に生じる茶褐色の小さな斑点で、頬や鼻の周りなどに多く出る。遺伝性が強く、3歳ごろから見られ、思春期に特に目立つようになる。
■炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)
原因:やけど、ニキビ、かぶれなどの炎症
やけど、ニキビ、化粧品かぶれなどによる肌の炎症が直った後に生じる褐色のシミ。年齢・性別・部位に関係なくできるが、時間とともに徐々に薄くなることが多い。
■肝斑(かんぱん)
原因:ホルモンバランス
女性の顔に多く生じるシミで、妊娠・経口避妊薬などにより誘発あるいは悪化するので、女性ホルモンが関連して発症するといわれる。
紫外線で少し悪化する。
薄い褐色でやや大きく、頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴的。高齢者ではほとんど見られない。また、レーザー治療で悪化するといわれている。

 

シミの原因とメカニズム

●紫外線から皮膚を守るメラニン色素

皮膚は、一番外側にある表皮とその内側にある真皮からできています。そのうち、シミに深く関わっているのは表皮の方です。
表皮は「ケラチノサイト(表皮細胞)」と表皮の一番下の基底層にある「メラノサイト(色素細胞)」などから成っています。紫外線を浴びるとチロシナーゼという酵素が活発になり、メラノサイトの中で「メラニン」という色素が生成されます。それがケラチノサイトに受け渡されることで紫外線から細胞核を守ります。
皮膚の細胞は、通常約28日間周期で新しい細胞に生まれ変わる「ターンオーバー(新陳代謝)」を繰り返しています。
ターンオーバーとは、基底層にある細胞が分裂して皮膚表面に押し上げられ、最後は表面からはがれていくことです。これはアカが剥がれ落ちるようなものです。よって、紫外線を虻て作られたメラニンも、ほぼ28日サイクルで役割を終え、古い細胞とともに剥がれ落ちます。

●ターンオーバーのサイクルが乱れるとメラニン色素が沈着してシミに

色々な部分が様々な原因で、メラニンが過剰に生成され、ターンオーバーの28日サイクルが乱れて新陳代謝が滞ると、本来剥がれ落ちるはずのメラニンがそのままその場に残り、色素沈着=シミとなってしまいます。
シミができる主な原因は紫外線です。長年紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受け(光老化)、皮膚細胞の再生能力が低下、メラニンを外に排泄する力が弱くなってしまいます。また、タバコやストレスは老化を早めてしまう原因の一つである活性酵素を増やします。この活性酵素がメラノサイトを刺激してメラニンの過剰生産を起こしやすくします。不規則な生活や過労などで結構が悪くなっても、メラニンの排出が遅れてしまう結果になります。

(参考:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/15_shimi/index1.html

 

シミを放置していると・・・

シミが肌にできてしまって、そのままの状態で長年放置しているとイボ状に隆起してきます。「脂漏性角化症」という老人性のイボに進展することもあります。
また、長い年月の間に紫外線を浴び続けて光老化がすすむと、皮膚がかさかさしたうろこ状やかさぶたのようになることがあります。これは「日光角化症」といい、まれに皮膚がんの元になることもあるので注意が必要です。

 

シワができる原因とは?

大きな原因

シワと言っても数種類のシワがあり、発生のメカニズムはそれぞれ違います。
しかし、根本的な原因は皮膚が老化することです。真皮層にある「コラーゲン」や「弾力繊維(エラスチン)」が加齢によって量が減少したり変性することにより、肌の弾力が失われてきます。
その他の大きな要因としては、シミと同様に「紫外線」があります。紫外線は日焼けの原因として一般的には認識されていますが、肌を「光老化」させることでも有名です。
顔は、体の中でも紫外線を直接浴びる機会が多いので光老化しやすく、シワも目立ってきます。

健康な真皮ではコラーゲンがしっかりと集まって束になり、真皮のささえる支柱のような役割をしています。その間にはエラスチンがゴムのバネのように張り巡らされています。
そこに紫外線が当たると、コラーゲンは小さく切断さ、エラスチンを変性させる酵素が分泌されます。その結果皮膚が弾力を失ってたるみ、シワとなります。

わずか数分間紫外線を浴びただけで数時間後には皮膚のコラーゲンを切断する酵素が作られ始めます。特に、長年紫外線を浴び続けた肌は、常にコラーゲンが切断された状態になっています。
子供や若い頃は肌の生まれ変わりも活発で、次々と新しいコラーゲンやエラスチンが作られ、新しい線維が形成されるのでシワができにくいです。
しかし、年齢を重ねた肌は新しい線維を作る能力が段々と衰えていき、傷ついた線維が残ってシワとして蓄積されていきます。

シワには他にも原因があり、その中の大きなものとして「肌の乾燥」があります。肌が長い時間乾燥した状態にさらされると角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間ができてしまいます。
この隙間から肌の水分が蒸発してしまいます。その結果、水分を失った皮膚は薄く硬くなり、小ジワが出来てしまいます。
本来、肌の角質層には水分の喪失や外側からの有害物質の侵入を防ぐバリア機能があり、乾燥から肌を守ってくれています。しかし20歳を過ぎた辺りからは肌は乾燥しがちになってきます。これは角質細の保湿力を担うアミノ酸と、角質細胞をつなぐ細胞間脂質が年齢とともに減少するからです。

 

その他の原因

・活性酸素:ストレスや喫煙などで活性酸素が発生します。これにより肌が酸化し、真皮層のコラーゲンが変質して硬くなり、弾力が無くなります。

・角質や真皮層の弾力低下:加齢により、角質層の天然保湿因子や細胞間脂質の量が減ってきたり、真皮層のコラーゲンやエラスチン、その間を埋めるヒアルロン酸などの量が減少して肌の弾力が低下してきます。

・女性ホルモンの減少:女性ホルモンは皮膚の弾力を支える真皮層コラーゲンやエラスチン、角質層のヒアルロン酸の生成に関わってきます。女性ホルモンは20代から30代前半をピークに減少し始めます。

・顔の筋肉の緊張:顔をしかめたり笑ったり。これらは時代に眉間や目じり、額などに「表情じわ」となっていきます。

 
(参考:https://www.anti-ageing.jp/cause/skin/wrinkles/
 

シミ・シワに対する有効な対策は?


シミとシワに共通する対策として「紫外線対策」があります。これは日焼け止めを塗ったり、長袖や帽子をかぶるなどで対策することができます。
あとは過度なストレスを感じたりしないようにしたり、乾燥を防ぐために肌の保湿を意識することも重要です。

パーフェクトオンリーワンの詳細はこちら

 

パーフェクトオンリーワンでシミ・シワ対策


シミやシワはできてしまう前の段階で予防するのが大切ですが、すでに出来てしまったシミやシワも対策できます。
パーフェクトオンリーワンを使うことで、ターンオーバーを正常化させたり肌の失われた水分を取り戻したりできます。このように、肌のトラブルに対してパーフェクトオンリーワンは有効ですので、シミやシワなどの肌トラブルにお悩みの方には特にオススメできます。

パーフェクトオンリーワンの口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です