パーフェクトオンリーワンは完璧に化粧水の役割をこなすことが出来る?

パーフェクトオンリーワンはスキンケアをワンステップで行うことができる、今日本で話題のオールインワンジェルです。
具体的には、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック(マスク)、化粧下地などの機能を持っていて、パーフェクトオンリーワンを一度塗るとこれらの効果を一度に得ることができます。
その中で、化粧水の役割は一体どれくらいこなすことができるのでしょうか?今回は化粧水の効果をどれくらい発揮できるのかを調べて見たいと思います。

 
>>パーフェクトオンリーワンの詳細はこちら

そもそも化粧水はどんな役割をしている?



お風呂の後や洗顔後は必ず化粧水を付けるのがもはや当たり前ですよね。化粧水でまずは肌を保湿!そこからスキンケアは始まる!という感じに。
でも、化粧水が実際にどれくらい肌のためになっているのか、みなさんはご存知ですか?

もちろん十分に理解されておられる方も多数いるとは思いますが、

「化粧水は基本的なスキンケアらしいから使ってる」
「なんとなく大事そう」
「化粧水は必要ってみんな言ってるから使ってる」

こんな感じで使っている人もいるのではないでしょうか?(実は私はなんとなく使っていました・・・(汗))

そこで、化粧水の効果や役割、必要性等を見ていきたいと思います。

 

化粧水って何?


化粧水(けしょうすい)とは、皮膚を保湿し、整え、滑らかにする機能を持つ透明液状を呈した化粧品である。ローション、トナー、トニック等と呼ばれることもある。例外的な使用法として、ファンデーションや白粉に加え、粘度の調整やつけやすくする目的で用いることもある。
元来は化粧に使う水のことを指し、日本に化粧水が浸透し始めた江戸時代には、基礎化粧品としてではなく、メーキャップ化粧品の一つである化粧下地、白粉の溶き水として使われた。
日本国内では、化粧水と乳液をあわせて使用することが一般的であるが、欧米では日本の化粧水に当たるものを使用しないことが多く、海外化粧品メーカーでは、化粧水を主に日本向けとしてラインナップしているメーカーもある。
洗顔料の後に使用し、美容液の前に使用する。
(参考:Wikipedia

 
Wikipwdiaで調べてみると化粧水はこう書かれています。
皮膚を保湿し、整え、滑らかにする機能を持つ、と書かれているので私たちの認識は間違っていなくて、ちゃんと肌を潤したり水分を補給する役割があるんだなと思ってしまいます。
確かにそれは間違いではないんですが、実は『化粧水の水分がそのまま肌の内部の蓄えられているわけではない』んですよね。
化粧水で肌を潤すことはできますが、あくまで付けたその時だけで、肌の水分量が増えているわけではないんです。

ということは・・・化粧水をバシャバシャたくさん顔につければつけるほど肌の水分が上がりそうに感じますが、実はそれは意味が無いんです。
化粧水はほとんどが「水」でできています。水はすぐに蒸発するので、逆に化粧水をつけすぎると肌に必要な水分まで一緒に蒸発させてしまい、普通よりも肌を乾燥させてしまうことに繋がるんです。

 

化粧水をつけても意味が無い?


化粧水をつけてもその時しか水分量が上がらず、肌内部の水分がほとんど変わらないんだったらつけても意味が無いのでは?と思ってしまいます。別につけなくて良いじゃん・・・ってなりますよね。
でも化粧水をつける意味はちゃんとあります。それは、

肌の角質層を整える

という役割があるんです。肌の内部に水分を与えるのが化粧水の役割ではなく、肌の表面である角質層を整えて肌の状態を良くするために使います。
化粧水は、肌の表面を整えて肌の水分が蒸発していかないようにする、という役割を持っているんです。
パーフェクトオンリーワンも化粧水の機能を持っているので、当然肌を整えることができます。

 

化粧水を使うメリット



上で述べたように、化粧水には肌の表面を整えて状態を良くしてくれる効果があります。では、肌が化粧水によって整うことで具体的にどのような効果があるのでしょうか?
具体的なメリットとしては、

・化粧のノリが良くなる
・後に乳液、美容液を塗りやすくなる
・肌のpHが安定する
・洗顔後の肌の調子が良くなる
・使い方によっては肌のモチモチ感やプルプル感を持続させられる
・使わない場合と比べて肌の状態が落ち着く

一般的には以上のようなメリットがあります。もちろん個人差があるので、上記のような効果をいまいち感じられなかったり、他のメリットを感じる方も当然いると思います。

 

化粧水の種類


化粧水には色々な種類があります。

一般的な化粧水

柔軟化粧水とも呼び、通常化粧水といえばこれを指す。潤いを与えて肌荒れを防ぐために、主に洗顔後の肌に使用する。

 

プレ化粧水

化粧水の前に使う化粧水。洗顔後の肌に残留した石鹸成分、水道水の塩素などを中和し、後に使う化粧水の、肌への馴染みを高める目的で使用する。

 

美白化粧水

肌に水分を与える効果の他、しみ、そばかす、あるいは日焼けを防ぐ作用を持たせたもの。多く、医薬部外品。アルブチン、ビタミンC等を美白成分として配合するものは、漂白作用はなく、紫外線によるしみ、そばかす、日焼けを防ぐ作用により、日々使用することで一定期間経てば美白化粧水を使っていない場合と比べて、結果的に肌が白く見えるのを目的とするものである。

 

植物性化粧水

狭義ではへちま水など植物から採取され、化粧水として使用できる液体を指すが、広義では植物成分により肌に潤いを与える効果を謳うもの。アロエ、クインシード、きゅうり、へちま、レモン、米ぬかなどから採取される成分・エキスを配合する

 

ニキビ用化粧水

にきび、吹き出物を防ぐ作用を持たせた化粧水。

 

アルカリ性化粧水

多くの化粧水が弱酸性もしくは中性を呈する中、少数派ともいえる化粧水。ひび、あかぎれなどに適するが、長期間に渡る使用はアルカリ性の作用により皮膚を薄くする危険性がある。

 

収斂(しゅうれん)化粧水

アストリンゼンとも呼ぶ。収斂剤の作用により、皮脂の流失を一時的に抑え、肌を整える酸性の化粧水。脂性に適する。

 

拭き取り化粧水

薄い化粧を落としたり、使用後のコールドクリームやクレンジングクリームの除去、ピーリング、肌の清浄(洗顔)の目的で皮膚の上を拭き取るように使う

 
(参考:Wikipedia

 
この他にもまだまだありますが、ざっと分けてもこれくらいの種類の化粧水があります。数が多すぎてどれを使えば良いのかわからない、といった事になりそうですが、基本的には「一般化粧水」や「プレ化粧水」を使うのが良いと思います。その他は自身の肌の状態・目的に合わせて使い分けましょう。

 
>>パーフェクトオンリーワンの詳細はこちら

化粧水は必要?



化粧水は肌を整えてくれる機能があります。なので使わないよりも使った方が良さそうですが、あまり使いすぎると逆に肌に負担をかけてボロボロにしてしまいます。
化粧水を使うことによって肌の状態が悪くなる人もいるようなので、化粧水の使用は自身の判断により決めた方が良いです。

パーフェクトオンリーワンにも化粧水の役割があるので、化粧水を使った方が肌の状態が良くなるという人は使った方が良いのではないかなと思います。
さらにパーフェクトオンリーワンには化粧水の役割の他にも乳液や美容液やその他の役割も持っているので、肌の状態を整えつつ肌に潤いを与える、ということもできてしまいます。
化粧品はどうしてもその人の肌に合う・合わないが出てきてしまいますが、パーフェクトオンリーワンはそれぞれの効果がそんなに強くない万能基礎化粧品なので、一度試してみる価値はあると思います。それで肌がもし良い状態になってメイクのノリなどが良くなったら、手軽でコスパ良くスキンケアができるようになるということなのでかなりラッキーですよね^^

パーフェクトオンリーワンの口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です